太陽光発電システム(家庭用)の取り付け価格が1番安い業者を探すならここ!

太陽光の見積もりを依頼するにあたって

これから太陽光発電システムを導入予定の人や導入を希望する人を対象に太陽光発電システムの見積りから施工、人気のメーカー、補助金制度などの情報について記載しています。

 

2011年3月11日に発生した東日本大震災での福島第一原発の事故を受け、日本では今エネルギー問題についての関心が高まっています。原発事故以来それまで原発が安全でクリーンなエネルギーだと主張してきた政府のエネルギー政策は大きな転換を迫られているのです。2008年の時点では日本の原発依存度はおよそ23%でした。しかし国会では今2030年をめどに原発ゼロを目指すかどうかの議論が取り沙汰されています。

 

高度成長期から現在まで工業製品の輸出に頼っている日本では大出力の電力を賄うために火力発電を中心の電力エネルギー供給を行ってきました。国民は各地域でほぼ寡占状態だった電力会社から電力を買っていたのですが、火力発電を動かすために必要な石油や石炭などの化石燃料はやがて底が尽きるという大きな問題を抱えています。

 

また地球温暖化問題を考えた時にもCO2の排出量が多い火力発電に取って代わる次世代のクリーンエネルギーの開発が世界レベルで推進されてきました。原発もその中の一つであり、今では多くの国で原発が稼働しています。

 

しかし、アメリカのスリーマイル島、ロシア(旧ソビエト)のチェルノブイリ、そして日本の福島第一原発事故など国民生活を脅かす様な事故が発生し、その度に原子力発電所の危険性が指摘され、火力発電でも、原発でもない全く新しい発想から生まれる再生利用可能なクリーンエネルギーの登場が待ち望まれています。太陽光発電はそうした次々世代の再生利用可能なクリーンエネルギーの旗手として期待されています。

 

太陽光発電システムではこれまでのように一ヶ所に大出力の電力を生む発電所を設けるのではなく、各家庭の屋根に太陽光パネルを設置して自分の家で電力を作り出すという発想が基本となります。そして余った電力は電力会社に対して売る事が出来るのです。これまでとは立場が逆になるという訳ですね。

 

また太陽光発電のエネルギー資源はその名の通り太陽の光ですので、太陽系に太陽がある限り資源は無尽蔵にあり、光で発電するためCO2の排出量をずっと低く抑える事が可能なのです。

 

政府も太陽光発電システムを導入する家庭に対しエコ住宅減税や補助金制度などを打ち出し、普及に尽力しています。ただしこれらのサービスは期限が限られているため、もし太陽光発電システムを導入するなら今が最後のチャンスとなるかもしれません。

 

当サイトがこれからの日本と地球に優しいエコロジーな住宅である太陽光発電システムを導入する手助けになれれば幸いです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市